家庭科調理実習。。。

今日は息子君の料理実習でした。
以前裁縫の授業の時に、アシスタントティーチャーとして、お手伝いをした時に、
「調理実習も子ども達の姿を見れたら楽しそうですね。。。」と先生にお話したのを、覚えて居て下さり、今回はお手伝いというよりも、ご招待して頂きました。
この所、怪獣君と旦那さんの体調が悪かったので、参加出来ないかも。。。
と今朝まで悩んでいたんですけど。。。
息子君:「カズはお父さんに任せて来てよ。」
私:「もしかしたら行けないかも。。。その時はごめんね。」と言って約束はせずに、秘密にして行きました。
息子君が「お母さんカズは大丈夫なの?」と言いながら、私を見つけた時の顔が嬉しそうだったので、それだけでも来て良かったと思いました。

今日は、味噌汁とご飯を作りました。。。
煮干で出汁をとり、ご飯も鍋で炊きました。

親の世代でも、この基本の作り方で作っている人は最近少ない。。。

それぞれ班毎に、具が違って中々楽しい調理実習でした。
材料は、それぞれの分担で持って行きました。
息子君は、お米担当。。。
1人前80グラム×班の人数分。

他の子は、ねぎ11cmや味噌80g
豆腐1丁と結構持ち物に差が??
お米は、みんな家にはそんなに無い。。。とか
そんなにもって行ったら、お母さんが煩い。。。とか言ったとか?

それで、息子君も「お母さん調理実習用のお米もらって良い?」と聞いてから、
「良いよ。」と言ったら、「お母さんありがとう~~~。」と言って飛びついたのがわかりました
子ども達もちゃんと家計の事考えているんですね。。。

家だったら、「ご飯と味噌汁だけ~~~。」と言っている子ども達が、今日はご飯と味噌汁をご馳走を食べる顔で食べていました。
私も久しぶりに、美味しいお味噌汁とご飯を頂きました。



今度の日曜日。。。。
私の今年最後のイベントです。
お時間がある方は是非遊びにいらして下さい。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2007年12月06日 22:54
いや~これはコメントせずにはいられない!
家庭科の調理実習、いろいろな形がありますが、材料を自分達で持っていくという形には私自身は不安があります。不平等にならないように、押し付けあわないように、だけど、材料はいろいろ…。難しいですよねぇ。子ども達はどう思っているのかなぁと思いつつも、先日、ポテトサラダの調理実習だったのでした。子ども達はうまく材料を分担して持って来ました。学校で用意するよりも大切に扱っていたのは気のせいではない気がします。おいしいご飯とおみそ汁、子ども達の気持ちがいっぱい詰まっていたのでしょうね♪
2007年12月07日 00:23
小学校の授業でみそ汁を作ったときのことを思い出しました。
タマネギとワカメのみそ汁で、あのとき初めてタマネギを「おいしーっ!」と思いました。
自分たちで作った料理って、嫌いなものでも食べられるんですよね。
2007年12月07日 07:47
こういう行事もあるんですね~。調理実習、ドキドキわくわく、楽しかったなーとかなり昔を思い出しました。
2007年12月07日 08:41
息子君が料理に興味を持ってくれるといいですね。お手伝いが期待できたりして。
ぐらふぃかのときは、お米は各個人で持ち寄ったなぁ。ものすごいブレンド米(笑)
2007年12月08日 23:28
男の子たちもちゃんと家庭科学習することは賛成です。次男の六年のときの担任は男の先生で、家庭科も担当してくださいました。”これからの男は家のことができないと結婚できない”と言ってくださり、男の子の親としては大ヒットやなぁ~と感謝です。
小学生ならある程度前もって、準備するもの言ってくれるのかもしれないけど、中学生はそうはいかない。
前の日の夜に、”きゅうりがいる”とか言い出し、夜遅くまで開いてるスーパーに買いに走ったことがありました。負担するものに差があるとちょっと不満が保護者から出ていたようです。
2007年12月11日 09:57
ちょうど今日うちの若も調理実習です。
「野菜炒め」と「卵料理」だそうで、うちの子はタマネギと卵一つずつ持っていきました。
材料を持っていくの?しかも卵?大丈夫???と(ノ゜⊿゜)ノびっくり!!でした。
最近は学校で一括用意してくれないんですね。あとで材料費徴収してくれる方が平等で良いような気がするんですけど何か理由があるんでしょうか。
なんくる~
2007年12月11日 19:12
我が家の高校二年生も調理実習でしたよ~
グラタンを作ったとか・・・
エプロンを忘れたからもってきて~といわれて、もっていきましたが~
材料は学校で準備されていたようです~それにしてもお米を班の人数分て・・大変ですね~お米は各自ってできなかったのかな~?
2007年12月14日 20:32
自分で作るとおいしいんでしょうね。
料理に興味が出てくるのはいいことですね。
うちは長男も三男も少し料理できますよ。
この間も、三男がぺペロンチーニ、夜食に作ってました。次男はそのおこぼれをもらうだけ…
マコロン
2007年12月16日 22:42
ツェツェさん~~お返事が遅くなりすみません。
材料を決めるのにも、やはり何となく子どもの世界には、力の差と言うのか、猿山の大将の様な状況があり、不平等な感じで物事が決まられている感じがします。家庭科の道具は、家はいつも他所の子よりも負担が大きいですよ。先生に伺うと、子ども達が決めたので。。。と言う回答ですね。同級生のお母さん達に、話を伺ってみると、どうも大人しい子や意見を言わない子が重いものや、大きなものを持って行って居るようです。平等にするのは難しいのか?疑問に成る時もありますが、これが世の中の仕組みなのかと強くなる事もありますね^^;
マコロン
2007年12月16日 22:45
ネコ丼さん~~お味噌汁の作り方も、ご飯の炊き方もきっとここで習うのが最後だよ!!と先生が話してました。息子君もあれ以来、味噌汁は自分で作ると家事に参加してくれるようになりました。確かに嫌いなものも、自分で料理すると美味しく感じ、残さないですね。
マコロン
2007年12月16日 22:51
ぴょんきちさん~~今の家庭科は、子ども達でも直ぐに出来るように準備が整っているので、私もアシスタントティーチャーをやって驚きました。
マコロン
2007年12月16日 22:56
ぐらふぃかさん~~確かに持ち寄りだとブレンド米になりますね^^;息子君最近味噌汁は僕が作る。。。と手を出してきますが。。。これも中々さかさか動けないのでまた面倒なんですけど^^;
マコロン
2007年12月16日 23:00
natsuさん~~男の先生の家庭科楽しそうですね。
子ども達は、家庭科の授業は好きですね。皆でわいわい楽しく何かを作ると楽しいものです。私も前に、材料を急に言われて困ったとこありましたよ^^;
持って行くものは、子ども達が決めているらしいので、大抵は先生は口を出さないのですが、少々不平等に成っているので、先生も気が付いて欲しいな。。。と思いますけど^^;
マコロン
2007年12月16日 23:05
ぴろりんさん~~一括購入して欲しいですよね。
先生も買い物に行く時間が無いのかも^^;
お子さんは、卵は無事に持って行けたのかな?
卵は怖いですよね^^;
マコロン
2007年12月16日 23:14
なんくるさん~~グラタン流石に大きくなると作るものも時間のかかるものになるんですね。材料は学校で用意してくれると不満も出ないんですけどね。。。
マコロン
2007年12月16日 23:16
ひさっちさん~~お男の子がお家の事何でもやれるって良い事だと思います。まして料理なんか出来たら、病気になっても安心ですよ^^;味噌汁は作れるようになったから、この調子で他にも何か作ってもらいたいです。
2007年12月17日 01:22
みなさんのコメントを読んでいて、またもや出てきてしまいました。
材料を学校で一括購入は出来ると思います。(その方が材料や計画を考えるのは楽。分けるのは大変だけど…)しかし、先生の意図があって、個人で持ってくることも考えられます。特にグループごとで違う材料で作る場合…子ども達にどんな材料が合うのかを考えさせる機会なんですよねぇ。そして、自分達で用意してくることで、買い物にもついていきなさいと私は言います。(きっと現実はお母さん達に買ってきてもらっちゃうんでしょけどね。)子ども達の力関係で不平等が出ることも…。そうならないように私は班ごとに書いたものを持ってきてもらって、直させることもします。難しい問題ですけど、材料を家で負担してもらう意図を教師が伝える努力も必要ですよね。

この記事へのトラックバック

  • 「家庭科調理実習。。。」について

    Excerpt: 「家庭科調理実習。。。」について こんにちわ! JIJIです。。。 マコロンのお爺さん(務)は戦前の男性職業としては 珍しい栄養学(お料理)の先生でした。 若い頃、コロンビア大学を苦学しながら卒.. Weblog: 画廊YAMAの絵画とBS racked: 2007-12-10 15:14